安全への取組み

海技の伝承と社員教育

優秀な乗組員を育成・確保するため、様々な教育・訓練を行っています。

船員の教育訓練

社内研修

一般に、海難事故の80%はヒューマンエラーに起因すると云われており、優秀な船員の確保と船員の教育訓練は安全運航に欠かすことの出来ない要素です。共栄タンカーは、この人為的ミスをミニマイズするため、乗船前研修(PDS: Pre-Departure Seminar)、社内研修、社外研修の場を数多く設けると共に、船内にあってはOJT(On the Job Training)や教育ビデオによる教育訓練を実施しています。

外国人船員の教育と育成

 

共栄タンカーでは、管理船舶の外国人配乗割合の増加に伴い、優秀な外国人乗組員を安定的に確保するために、マニラに研修施設を設ける等、長期的視野に立って外国人船員の安定供給を実現しています。
現在、外国人船員のリピート率は90%を常時越えており、優秀な外国人船員が当社フリートに乗り組んでいます。
また、船内においては、OJT等の教育研修はもとより、日本人乗組員と外国人乗組員との異文化コミュニケーションについても、積極的に取り組んでいます。


救命いかだ取り扱い説明 船上研修

BARKO INTERNATIONAL INC, IN-HOUSE TRANING CENTER

BARKO 研修所

マニラの船員配乗会社であるBARKO社の協力を得て、同社IN-HOUSE TRANING CENTERにてフィリピン乗組員の各種研修を行っています。 現地には、当社Superintendentが常駐し、乗組員教育及び優秀な乗組員の安定的確保に取り組んでいます。

BARKO INTERNATIONAL INC,
3rd and 4th Floor Barko Building, 1014P. Ocampo Sr. (formerly Vito Cruz) Corner Arellano Streets, Malate 1004, Manila, Philippines.